X-H1の互換バッテリー(NP-W126以外のバッテリー)検知機能は少し面倒。

X-H1って標準バッテリーを検出する機能が付いています。

世間では互換バッテリー検知機能なんて言われています。

今日は、その互換バッテリー検知機能について説明します。

スポンサーリンク
ためこむ暮らし_大

X-H1の標準バッテリー

ちなみにX-H1の標準バッテリーは、NP-W126sという型番です。

フジフイルムモールは、富士フイルム(株)が運営する公式ショッピングサイトです。充電式バッテリー NP-W126Sデジカメプリント、フォトブックの注文やデジタルカメラ、インクジェットペーパー、フィルム、アルバムなどの購入ができます。

フジフイルム公式サイトで購入すると価格は税込7,776円です(2018年10月現在)。

Amazonさんとかだともう少し安く購入できます(1割安くらい)。

FUJIFILM 充電式バッテリー NP-W126S

[おさらい]NP-w126sとNP-w126の違い

フジフイルムのミラーレスカメラ用バッテリーにはNP-W126というモデルもあります(末尾にsが付いていないモデル)。

X-T2までのカメラはこのNP-W126というモデルでした。X-T2以降が、NP-W126sです。

NP-W126sは、NP-W126の高温耐性を高めたモデルです。

X-T2になって4K動画が搭載されたり、連写性能が上がったりして、カメラ・バッテリーが高温にさらされるシーンが多くなりました。

そんな高温下でもちゃんと機能するように改善されたのがNP-W126sという理解で良さそうです。

NP-W126sとNP-W126は相互に互換性があり、容量も同じです。

4K動画撮らない、連写もしないという人だったら価格が安いNP-W126で十分ということになります。

X-H1にはNP-w126s以外のバッテリー(NP-W126、互換バッテリー等)を検知するがある

が、ここで問題が一つ。

X-H1には、NP-W126S以外のバッテリーが使われていることを検出する機能が搭載されているんですね。

冒頭で書いたいわゆる「互換バッテリー検知機能」です。

この機能、フジフイルムの純正バッテリーNP-W126S以外のバッテリーを入れて電源をonすると、それを検出するようにできているようです。

検出してどうなるかというと、液晶にメッセージが表示されます。

NP-W126s以外のバッテリーを使うとスイッチオンするたびに出る表示・表示される時間

「電池はNP-W126Sを使用してください

NP-W126は消耗が早くなります」

液晶中央に白抜きでこのように表示されます。メッセージが表示されている時間は、1~2秒ってところでしょうか。体感ではけっこう長く感じます。

X-H1はバッテリー消費が早いので、こまめに電源をオンオフするようにしています。

電源をオンにするたびにこのメッセージが出てくるのは面倒というか、けっこう邪魔な感じがします。

その他の不都合

X-H1に純正バッテリーNP-W126S以外のバッテリーを使うことによる、その他の不都合ってあるんでしょうか?

個人的には、ほとんど無いんじゃないかと思ってます。

フジフイルムさんによると、

X-H1でNP-W126を使用する場合、使用環境等により10~40%使用時間が短かくなるため、NP-W126Sのご使用をお勧めします。

とのことですが、実際に使っていてNP-W126sだからバッテリーの持ちが良いなぁとか、互換バッテリーだから使用時間が短いなぁと感じるほどの事は、今まで経験していません。

たぶん僕が4K動画の撮影をしないとか、連写をまったく使わないからだと思います。

NP-W126sがその性能(高温耐性)を発揮するのは、動作保証温度の上限40度とかの近くですからね。当然と言えば当然ですよね。

一部では、互換バッテリーを使うとメーカー保証外とのうわさもあるので、その点は不都合と言えるかもしれません。

NP-W126sと互換バッテリーの価格差

先ほども書きましたが、純正バッテリーNP-W126sの価格は、公式サイトでは7,776円。Amazonさんとかだと約1割引きです。

互換バッテリーで評判が良い物はRowaとNewmowaとかですが;

Rowaだと一個790円なので、本当にほぼ10分の1。

Newmowaだと充電器もついて約2,200円

価格帯がまさに一桁違います。

まとめ

X-H1で標準バッテリーを使うか、互換バッテリーを使うかは、電源オン時にメッセージ表示がない快適性(標準バッテリー)を取るか、価格メリットを取るか(互換バッテリー)の二択という結論になりました。

もちろん、標準じゃないということはその他の見えざるリスクを自身で負うということなので、決断は慎重にしないといけません。

でも、やっぱり価格差大きすぎるよなぁ…

スポンサーリンク
ためこむ暮らし_大
ためこむ暮らし_大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする