ヨドバシでGopro Hero7を触ってきたらかなり良かった件。

先日、Gopro Hero6を持っているのに、Hero7が気になるという記事を書きました。

Gopro Hero6ユーザーがHero7へ乗り換えたくなる理由

「HyperSmooth」、「TimeWarp」、「スーパーフォト」に新たな投資をするのは、どうなんだろう…と迷っている、という内容の記事です。

でも、やっぱり気になるので、先日、新宿西口のヨドバシカメラに行って、実機を触ってきました。

結論からいうと…

さと

これは、買うしかない…

と思える内容でした 笑

今回は、Gopro Hero7の実機を触って、何がそんなに良かったのか、お伝えいたします。

Gopro Hero7でのアップデートを簡単におさらい

Gopro Hero7は、Hero6に比べて、以下の点が良くなったといわれています。

  • 手振れ補正機能(HyperSmooth機能)
  • 動きながらのタイムラプス撮影(TimeWarp機能)
  • 写真撮影時の色合い(Superphoto機能)

で、前回お伝えしたのは、この中で僕にとって魅力的に感じるのは、TimeWarpだけっぽいなぁ…それだけのためにHero6から買い替えるのも、なんだかなぁ(価格分の価値があるのかなぁ…)という内容でした。

でも、今回、ヨドバシカメラに行って、実際にHero7を触ってみたら、少し、いや、かなり気持ちが変りました。

実のところ…

さと

買い替えちゃおうかな。

って思ってます。

実機を触ってみてわかったこと。アップデートは↑だけじゃなかった。

Hero7になってユーザーインターフェースがちょっと変わった

変ったっていっても、ヨドバシカメラでの短時間での試操で今回、僕が気が付いたのは2点だけです。

でも、その2点がけっこう小さくて、大きな変更だったんですよね。僕にとって。

ユーザーインターフェース変更1点目:動画・写真・タイムラプスの切り替えのやり方がちょっと変わった

Hero6からHero7になって、変更されたユーザーインターフェースの一点目。

「動画」・「タイムラプス」・「写真」の切り替えです。

Hero6では、これらモードの切り替えは、どちらかというと物理ボタンがメインでした。

このボタンです。

このボタンを押すごとに、撮影モードが「ビデオ」→「写真」→「連写」→「タイムラプスビデオ」と切り替わる感じです。

Hero7では、これら撮影モードの切り替えが、液晶画面上からのタッチ操作(スワイプ操作)で簡単に切り替えられるようになりました。

なんだそれだけ?

って思いますよね。でも、これ、実際に触ってみたら、けっこう気持ちよかったです。

物理ボタンをぐいぐい押し込まなくても、スワイプ・フリックでモード間の切り替えが簡単に変更できてとても好印象だったんです。

それだけ?と言われればそれだけですが…でもカメラって手で操作して使うものなので、操作感触とか、フィーリングってけっこう重要です。

実際、操作感覚が合わないカメラは購入しても、けっこうすぐに防湿庫の肥やしになったりします。どんなに高性能でも。

逆にいうと、今回Hero7のユーザーインターフェースがHero6からちょっと変わって、その変更された操作性がしっくり来ているってのは、十分買い替え理由になります。(と思ってます、僕としては 笑)

※なんて思いつつ、Hero6を触っていて気が付いたんですが、Hero6も画面のタッチ操作で撮影モードを切り替えられるんですね。Hero7とは若干UIが違いますが…。

 

ユーザーインターフェース変更2点目:タイムラプスの設定方法は、Hero6では写真と写真の間の秒数感覚で指定する感じでした。

前回、かなり気になっていると書いたTimeWarp機能。

まぁ、タイムラプスなんですが、このタイムラプスのパラメーターの設定の仕方が、Hero7では、Hero6から少しかわりました。

Hero6では、一秒間に撮影する枚数を設定する方式でした。

Hero6のタイムラプス設定画面

これが、Hero7では何倍で早回ししたいかを設定する方式に変わりました。

例えばHero6だと、1秒間に一枚撮影するってことは、通常は一秒間30回撮影だから30倍で…とかなんとか計算して設定する必要があったんですが、Hero7の何倍方式だとより直感的にわかりまそうですね。

まとめ

昨日まで、買い替え高いなぁ…と思っていた僕ですが、今回操作性が改善されたことで、一気に買い替えに気持ちが向かっています。

どうしようかなぁ…

【国内正規品】GoPro(ゴープロ) HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です