ギンポーの「どうぶつカード」を使った4歳児との遊び方。

どうぶつカード

週末、息子と動物カードで遊びました。

たまには家で息子と遊ぶのも良いもんです。

ギンポー・動物カードとは

どうぶつカード

こんなカードです。

56枚のカードが入っています。カードは対になっており、それぞれ動物の頭とおしりが描かれています。頭の部分とおしりの部分の絵を合わせながら動物の名前を覚える、という子供向けカード。対象年齢は3歳~。

全部で4種類の遊びができます

という絵合わせカードなんですが、いろいろな遊び方が提案されています。

提案されている遊び方は全部で4種類。

今回は、「お星さまゲーム」をすることにしました。

「お星さまゲーム」とは

カードを良く見てください。すべてのカードに星印が描かれています。

星印の数はカードによって異なり1~4個。

この星印の数を使って遊ぶ対戦ゲームです。

遊び方(2人で遊ぶ場合)

  1. カードを二人で分けます。
  2. 「いっせーのせっ」で、一枚ずつカードを場に出します。
  3. 星の数が大きい方が勝ち。買った方は、場に出されたカードを取ります。
  4. 最終的にたくさんのカードを取った方が勝ちです。

単純なゲームですが、息子には楽しいようです。

このゲームの良いところ

1~4の数字の大小を学べます。

算数の基礎の基礎ですね。

このゲームの発展形

慣れてきたら、トランプの1~10の数字を使って同じようなゲームをするのも良いですね。

息子は既に、トランプで1~13の数字を使って同じようなゲームを楽しむことができます。少し物足りないかなぁ?と思っていましたが、意外と楽しんでくれたようで良かったです。

どうぶつカードの絵が楽しいのでしょうか。

まとめ

  • 久々に家で息子と二人で遊んでみました。
  • どうぶつカードは小さいお子さん(3歳)にもおすすめ。
  • お星さまゲームは、数字の大きさ比べが学べます。
  • 慣れてきたらトランプを使って遊んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です