X-T2用にレンズを3本所有するとしたらどれを選ぶか。

X-T2と単焦点レンズ3本の組み合わせ

先日、X-T2用にレンズ一本だけ所有するとしたらどれを選ぶか?という記事を書きました。

X-T2のレンズ、子育て記録用に1本だけ用意するとしたら

レンズ一本、しかも単焦点レンズ一本というのはやりすぎじゃないの?と思われた方もいらっしゃると思います。

そうですね。さも、1本だけしか持っていないような(そうでもないですかね…)書きっぷりでしたが、実は、私も、フジのX-システムのレンズは3本持っています。

そこで今日は、「一本はきついけど、できるだけ少ないレンズでシステムを組みたい。」という方、特に子育てパパ・ママにお勧めのレンズを紹介していきたいと思います。

私が所有するFuji Xシステムの3本のレンズ

23㎜ F2、35㎜ F2、60㎜ F2.4を所有しています。

フルサイズ換算すると35㎜、50㎜、90㎜。

23㎜ F2は先日、紹介しましたね。

X-T2のレンズ、子育て記録用に1本だけ用意するとしたら

35mm F2は、私が紹介するまでも無いくらい人気のレンズですが、いずれ紹介記事を書きたいと思っています。

最後の60㎜はマクロレンズです。

なんとも、昔ながらのこの組み合わせ。標準ズームレンズ等と言われるレンズの画角域が24㎜70㎜とか、24㎜-105㎜のこの時代に、広角側が35mmなんて狭すぎないの?とか、テレ側が90㎜??それで足りるの?と突っ込まれそうです。

でも、個人的には、ぜんぜん大丈夫です。むしろ十分すぎるくらい。

この3本があれば、たいていどんなシーンでも困ることはないと思います。

今回は、この3本をどのように活用していくか、検討してみたいと思います。

フジフィルムX-T2と単焦点レンズ3本で組むシステム

X-T2と単焦点レンズ3本の組み合わせ

さてさて、まずはこの三本とX-T2の全貌の写真です。

やはりカッコいい…。

X-T2には先日紹介したハンドグリップをつけています。

X-T2用メタルハンドグリップMHG-XT2を購入したのでレビューします。

どのレンズもコンパクトなので、こうしてみると、どれがどれだか区別がつきませんね 笑。

ボディにくっついているのが23㎜、右奥のピントリング幅が大きめのが60㎜、そして一見、一番コンパクトそうなやつが35㎜です。

いや、カッコいいです(しつこいですね 笑)。

カッコよさを写真で表現できないのは、私の責任なので勘弁してください 苦笑。

さて、これらレンズ三本だけで生きて行けということになったら(もちろんそんな状況にはならないと思いますが…)、みなさんだったらどんなシーンで使いますか?

ちなみに私は以下のような感じで使い分けています。

XF23㎜ F2 R WRの活用シーン

先日も書きましたが、活用シーンもなにも、普段はこれをつけっぱなしでokです 笑。

XF23mmをつけた外観がカッコよいということもあり、ほんとお勧めです。

フルサイズ換算35㎜のレンズを使ったことある方は、きっとうんうんとうなずいてくださっていると思います。

広角だけど広角過ぎない35㎜って本当に万能なんです。

子育て世代は、特に室内撮りが多いです。お子さんの写真を、ほどほどの距離感・広角感で、まわりの雰囲気と一緒に記録しておきたいというパパ・ママに絶対おすすめの一本です。

しかもXF23㎜ F2 R WRは防塵防滴。お出かけ中に急に雨が、なんてことになっても大丈夫です(たぶん)。

XF23㎜ F2は活用シーンを考える以前に、基本的にはつけっぱなしでokです。

XF60㎜ F2.4 Macroの活用シーン

X-T2にXF60㎜マクロ

さて、つぎはXF60㎜。フルサイズ換算でいう90㎜マクロ。

実は、所有してはいるものの全然使いこなせていないこのレンズ。

マクロレンズということで、やっぱり子育て世代が記録しておきたいものと言ったら、子供達が普段使っている物、子供たちが幼稚園などで作ってきた物、子供たちと一緒に出掛けた先で見つけた物、といった感じで物撮り用という感じでしょうか。

XF60mmで撮った電卓

XF60㎜で撮ったコップの影。

あとは、子供たちの公園ポートレートなんかにも良さそうです。

が、こちらはアップできるような作例が見当たらず…

後日、更新追加するかもしれません。ご期待ください。

あ、子育てとはちょっと違いますが、自分の趣味の物を撮るのにもよさそうです。

XF60mmで撮ったサードダイバーSRP789。

 

XF35㎜ F2 R WRの活用シーン

そして最後にXF35㎜。

私にとって、このレンズ、活用シーンを見つけるのがとても難しいのですね。

「一本だけ」ということであれば、XF23㎜ F2の替わりにこのXF35㎜ F2をつけっぱなしということも考えられるかもしれません。

でも、3本所有のうちの一本と考えると、XF23㎜との差別化も難しく。

あまり考えずに購入してしまったXF35㎜ F2。

XF23㎜と組み合わせるのだったら、むしろXF35㎜ F1.4が良かったかもしれません。そうすればF1.4という明るさを活かし、ボケ感を楽しむポートレート用として活用ができるかもしれません。

XF35㎜ F1.4はレンズのオートフォーカス駆動音・駆動スピード面でF2に劣りますが、そのようなシーンはXF23㎜に任せておけば良いです。

XF35㎜ F2。売却してしまうかもしれません…

 

まとめ

子育て記録用のX-T2のシステムを単焦点レンズ三本で組むなら23㎜、35㎜、60㎜がお勧め。

日々の記録はXF23㎜ F2が主力、XF60㎜で補助するイメージ。

筆者はXF23㎜ F2、XF35㎜ F2、XF60㎜ F2.4でシステムを組んでるけど、35㎜はF1.4の方が良いかも(未検証)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です