X-T2の軍艦部に溜ったほこりを掃除。綿棒は使いません。

X-T2にXF23㎜をつけた状態

昨年1月から使用しているカメラX-T2、先日、バッテリーグリップをつけてご機嫌だったのですが、ふと見ると軍艦部にホコリが溜まっています。

新年早々、カメラの掃除をすることにしました。

XT-2、ホコリが溜まりやすいのはココとココです

X-T2のホコリが溜まった軍幹部

X-T2の軍幹部。ここにもホコリが溜まりやすいです。

ほこりが溜まってしまう原因

やっぱり長期間使わずに放置しておくとホコリが溜まりやすいです。

防湿庫などに入れておけば別ですが、棚の上などに置いておくとホコリは溜まります。

布団の上げ下げをしているような部屋だと、ホコリが舞う頻度が上がり、上の写真のようになってしまう可能性は高くなります。

私の場合、リビングの棚にカメラを置きっぱなしにして、ちょこちょこと家族のスナップを撮るスタイルなんです。それだけだったら、それほどホコリもたまらないはずなんですが、最近、妻が娘(0歳児)の寝かしつけをするのに、リビングに布団を敷いて寝るようになったこともあって、布団から舞い上がるほこりのせいで普段よりホコリが溜まりやすい環境となっていたようです。

カメラの軍艦部のホコリの弊害・悪影響は?

ホコリ自体は、塗装を腐食するわけでもなく、特に悪影響は無さそうに思います。

でも、売却したりするときは、このまま査定に出すと…

「このカメラはしばらく使われてなかったものだな。少し安い査定を出しても、買い取れそうだ。」

などと査定者が思わないとも言えません。

やっぱりきれいに掃除して査定を受けた方が良さそうです。

でも、ここ、綿棒とか入りませんよね!?

そうなんです。この隙間、綿棒には少し狭すぎてうまく掃除できないんですね。

ではシュコシュコ(ブロアー)はどうか?

というわけでブロアーで吹いてみます。

X-T2の軍艦部にたまったほこりをブロアーで吹いてみる。

(4歳の息子はこのブロアーが大のお気に入り。シュコシュコと呼んで、こよなく愛しています 笑)

が、ダメですね。意外としつこいです。

X-T2の軍幹部には、メガネ拭きを隙間に潜り込ませましょう

で、どうしたかというと、結局こうしました。

X-T2の軍幹部の隙間にメガネ拭きをもぐりこませて拭く

X-T2のこちら側のホコリもメガネ拭きでふき取りましょう。

これでX-T2の軍幹部がきれいになりました。

無事ホコリがふき取れたX-T2の軍幹部

まとめ

きれいになったX-T2の軍艦部。

ほこりが積もってただけなので、カメラにダメージがいってるわけでもなく、さび・擦れなどと違い簡単に元の通りきれいに戻せます。

たまには、こうやって掃除してみるとカメラへの愛着も増して良いもんです。

愛機はどんどんかわいがってやりましょう。

 

掃除をしていて思いましたが、やっぱりなんともカッコいいカメラです。

X-T2のきれいになった軍艦部

X-T2にXF23㎜をつけた状態

サードパーティ製のドレスアップパーツを一切つかわず、純正だけでここまでカッコいいカメラも珍しいです。

X-T3、X-H1の噂もあったりしますが、まだまだ当分はこの子で写真を撮ってたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です