SRP789のベルトをウレタンからカーフに交換しました。

愛用している腕時計復刻セイコーダイバーSRP789K1。通称コーク

私はもともとブレスレットモデルを購入しましたが、ウレタンベルトに交換したという記事を書きました。

SRP789のブレスレットをウレタンバンドに交換して軽量化

とても気に入っているのですが、ちょっとドレスアップしてみたくなりベルトを再交換してみました。

いきなりですが交換後の写真をどうぞ

いかがでしょうか。個人的にはものすごく気に入っています(笑)

今回新たに導入したのはカーフ(革)のベルト。

写真を見てもおわかりかと思いますが、交換前のウレタンベルトと比べると大分長さが短くなっています。

幅もラグ側は同じ(22㎜)ですが、尾錠側は少し絞った形(16㎜)になっていて全体的にコンパクトになりました。

もっとも復刻サードのデカ顔のせいで時計自体はちっともコンパクトじゃありませんが。

尾錠側のサイズが異なるので、ウレタンバンドの尾錠を再利用できないため、今回は尾錠も新規購入しました。

フィッシュテールタイプのものです。ちょっぴりパネライ風でもありますね。

今回のベルトを購入したショップ

購入したのは、渋谷(神南)のアンティーク時計ショップ Item さんです。

http://item.ocnk.net/

 

復刻サードダイバー用交換ベルトのスペック

SRP789はラグ幅22㎜。純正ウレタンベルトの場合、尾錠側は18㎜です。

サイズがあうものをいろいろ出してもらいましたが、なかなか気に入ったものが見つからず。

そこでふと目に留まったのが今回購入したモデル。なにやら雰囲気が違います…と思って見つめていると店員さんが教えてくれました。

店員氏「これ、尾錠側がすこし細いんですよ。16㎜です。」

なるほど、それで雰囲気が違ったんですね。

店員氏「14㎜なんてのもありますよ。」

ラグ22㎜に対して、尾錠側14㎜!!と驚きましたが、実物を見るととてもカッコいいです。

迷った挙句、今回は、22㎜・16㎜のものを選びました。

Item さんのオリジナルベルトの取り揃えと値段

ところで今回訪れた Item さん、オリジナルのベルトを豊富に取り揃えていてお勧めです。

http://item.ocnk.net/

カーフのものが5800円、クロコダイルが12800円とお値段はそこそこしますが、ぱっと見てわかるくらい風合いが違います。実物を見ると、この値段はとってもリーズナブルに感じます。

尾錠は、たしか1000円~1500円だったと思います。

以前は、ネットでもいろんなベルトを見ることができたのですが、最近ウェブサイト構成を大きく変更し、今は、まだ交換ベルトのコンテンツまで手が回っていないようです。品揃え・価格をチェックすることができません。

ちなみに今回は、「カーフを買う」と決めて狙いに来店したので見せてもらいませんでしたが、復刻サードダイバーにはNATOベルトなんかも会いそうです。クロコダイルはちょっと厳しいでしょうか。もしかしたら意外と似合うかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、カーフベルトに交換した復刻サードダイバーSRP789の写真と、ベルトを購入した Item さんを紹介してみました。

今回購入したベルトは、エイジングも期待しています。

変化があったら後日、記事にしたいと思います。

SRP789のブレスレットをウレタンバンドに交換して軽量化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です